Category: 融資

消費者金融と銀行のカードローンの違い

消費者金融と銀行のカードローンはどちらもお金を借りる事が出来て利用目的が特に制限されるという事が無いという点では共通していますが、いくつかの点で違いはあります。
まず、銀行のカードローンの方が金利が低い傾向があり、少しでも利息を抑えて借りたいという場合は銀行の方がお得であるという点が挙げられます。その一方で急いでお金を借りたいという場合は全体的にみると消費者金融の方が銀行よりも融通がききやすいという事が挙げられます。銀行のカードローン 審査明確なところでも最近ではかなりスピーディーになっていて即日融資に対応していて土日や祝日でも融資が可能という例も存在していて融資スピードの差が以前と比べて縮まってはいるのですが、消費者金融の方がスピード面では大手であれば土日や祝日でも対応している所が多くて選択肢が多いという点では変わっていないです。
その他に大きな違いとしては総量規制が適用されるかされないかという違いがあります。貸金業者の場合は総量規制が適用されるために、年収の三分の一以下しかお金を借りる事が出来ない、50万円を超える融資では収入証明書の提出が義務付けられている、といった点が挙げられるのですが、銀行の場合は貸金業者には含まれないのでこれらの総量規制は適用されないのです。だからこそ、年収で規制に引っ掛かるというケースや50万円を超えるが収入証明書の提出を避けたいという場合は必然的に銀行のカードローンを選択する必要が出てきます。