Author Archives: customer

消費者金融と銀行のカードローンの違い

消費者金融と銀行のカードローンはどちらもお金を借りる事が出来て利用目的が特に制限されるという事が無いという点では共通していますが、いくつかの点で違いはあります。
まず、銀行のカードローンの方が金利が低い傾向があり、少しでも利息を抑えて借りたいという場合は銀行の方がお得であるという点が挙げられます。その一方で急いでお金を借りたいという場合は全体的にみると消費者金融の方が銀行よりも融通がききやすいという事が挙げられます。銀行のカードローン 審査明確なところでも最近ではかなりスピーディーになっていて即日融資に対応していて土日や祝日でも融資が可能という例も存在していて融資スピードの差が以前と比べて縮まってはいるのですが、消費者金融の方がスピード面では大手であれば土日や祝日でも対応している所が多くて選択肢が多いという点では変わっていないです。
その他に大きな違いとしては総量規制が適用されるかされないかという違いがあります。貸金業者の場合は総量規制が適用されるために、年収の三分の一以下しかお金を借りる事が出来ない、50万円を超える融資では収入証明書の提出が義務付けられている、といった点が挙げられるのですが、銀行の場合は貸金業者には含まれないのでこれらの総量規制は適用されないのです。だからこそ、年収で規制に引っ掛かるというケースや50万円を超えるが収入証明書の提出を避けたいという場合は必然的に銀行のカードローンを選択する必要が出てきます。

即日キャッシングできて振込も可能です

現在、多くのメディアなどで様々な金融機関がキャッシングやローンなどの宣伝をしてるのを目にします。キャッシングやローンを初めて利用しようとする時には、あくまでと借金をするという考え方をされている方は、なかなか申し込みをするのに尻込みをしてしまう場合も少なくありません。

しかし、現在では、身近になりつつあり、利用の仕方を誤らなければ生活を豊かにしてくれます。申し込みの仕方としては、店舗で直接担当者と手続きする方法、無人契約機でオペレーターとタッチパネルで手続きをするお金を借りる方法、インターネットサイトで申し込みをする方法があります。どの場でも基本的な事は同じですので、早く融資を受けたい方は店舗が無人契約機、自分のペースで申し込みをし、カードの郵送受け取りなどを待つことができる方はインターネットで申し込みをすれば良いと思います。

申し込みの際には必ず審査があります。この審査とは、申請した個人プロフィールなどの情報を基に金融機関が独自の審査基準と照らし合わせて合否を決めます。この時に他の金融機関から既に借入がある場合は、信用機関に問い合わせをして借入総額を調べられることも知っておかなければなりません。審査が終了すると、後は本契約となり、カードが発行され融資を受けることができます。店舗や無人契約機の場合は、その場でカードが受け取れますのですぐに利用できますし、指定の口座に即日振込が可能なので、キャッシングを便利に利用しましょう。

消費者金融による督促はどのような形式で行われるのか

消費者金融に借りたお金を返済しない場合、督促が行われることになります。一般的に最初は電話がかかってきます。申し込んだ時に、自宅、携帯、勤め先の電話番号をそれぞれ書いていれば、そのすべてにかかってくるはずです。この時に電話に出ると、返済が遅延しているということをオペレーターに言われます。そして、いつ返済出来るのかと聞かれます。
聞かれた時に、具体的な日付を言って、その日に返済出来ると言えば督促はそこで終了します。ただ、どういう根拠で返済が可能なのかということを聞かれるかもしれません。その場合は、給料が入るのでといった収入源を言えば、納得してくれて電話を切ってくれるでしょう。もし、電話に出ないという場合は、郵便の督促が始まります。
郵便にはどのようなことが書かれているのかというと、元金、今月の返済額、利息、遅延損害金などです。そして、返済期限と返済するための銀行口座も記入されています。勿論、ATMからの返済も可能です。郵便ですが、基本的に自宅に送られてきます。勤め先に送られてくるということはないので、その点については心配する必要はありません。
ただ、消費者金融から郵便が送られてくる段階に入ると、金融業者の社員が自宅に訪問してくる可能性も高くなってきます。というのは、連絡がつかないから郵便を送ってくるためです。郵便を送っても返済されないということになると、直接、返済してもらうことも視野に入れて家にやってくるので、それは困るという場合は早めに返済するようにしましょう。